MENU

小児歯科

トップ  >  小児歯科

お子さんの歯の健康を守りませんか~小児歯科~

お子さんの歯の健康を守りませんか~小児歯科~

虫歯になりやすいお子さんの歯を守るためには、きちんと予防に取り組み、早期発見・早期治療を心がけることが大切。そのためには、お子さんが歯医者を苦手にならないように、「歯医者は怖くない」と知ってもらうことがとても重要です。

川越市の歯医者「みやざわ歯科」の小児歯科では、お子さんでも安心して受けられる、痛くない・怖くない治療を提供しています。こちらでは、その取り組みや診療メニューをご紹介します。

お子さんたちの「笑顔」のために

当院の取り組み

当院の取り組み

「歯科疾患予防」。これが、当院が小児歯科診療において第一に考えていることです。当院ではなるべく削らない・痛くない治療を行っています。しかし、診療台に座って治療を受けること自体、お子さんにとっては大きな負担。そのため、まずは「治療しなくても済むように、予防すること」を大切にしています。

当院の取り組み

お子さんが予防のために安心して通える「怖くない環境づくり」に配慮し、待ち時間も退屈しないようキッズスペースを設けています。
診療を担当する院長は大の子ども好き。小さなお子さんと遊んだり、あやしたりするのは得意中の得意です。当院は保育園での歯みがき指導も行っていますので、安心してお子さんの予防・治療をお任せください。

乳歯の虫歯治療も大切です

乳歯の虫歯治療も大切です

「乳歯が虫歯になってしまっても、いずれ永久歯に生えかわるから大丈夫」。そう思っていませんか? 実は、これは大きな間違い。丈夫な永久歯が生えてくるための準備、永久歯を正しい位置へと導くこと、顎の骨の成長や知能の発達を促す、正常な咬み合わせを作り上げるなど、乳歯には大切な役割がたくさんあります。

乳歯の虫歯治療も大切です

乳歯が虫歯になると、こういった役割が果たせず、永久歯や顎の発達、歯並びに悪影響を与えることも。永久歯が虫歯になるリスクも高まります。お子さんが一生をともにする永久歯を守るためには、乳歯の虫歯治療も大切です。

当院の小児歯科メニュー

歯科治療

歯科治療

なるべく削らない・痛くない治療で、お子さんにも安心して虫歯治療を受けていただけるよう配慮しています。

咬合誘導

咬合誘導

歯並びや咬み合わせに悪影響を及ぼす可能性がある過剰歯を抜歯し、正しい歯並び・咬み合わせになるよう誘導します。

シーラント

シーラント

奥歯にある溝は食べ物のカスや汚れが溜まりやすく、虫歯になりやすい場所です。シーラントはその溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋めて、虫歯を予防する処置。乳歯だけではなく、生えかわったばかりの永久歯にも効果があります。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強くし、虫歯菌への抵抗力を高める効果があるフッ素を塗布し、虫歯を予防につなげます。ごく初期の虫歯は、フッ素塗布によって治癒が期待できる場合もあります。

歯みがき指導

歯みがき指導

毎日の歯みがきは、お子さんの歯を守るためのもっとも重要なポイント。お子さん一人ひとりのお口の状態・成長に合わせ、正しい歯みがきの方法をアドバイスします。

仕上げみがきはしっかりとしてあげましょう

仕上げみがきはしっかりとしてあげましょう

お子さん自身が正しい歯みがきの習慣を身に着けることは大切ですが、小さなお子さんの場合、なかなかそれが難しい面もあります。そのため、お子さんが小さいうちは、大人がしっかりと仕上げみがきをしてあげましょう。

仕上げみがきはしっかりとしてあげましょう

当院の歯みがき指導では、ご家族の方に仕上げみがきのコツをアドバイスしています。仕上げみがきの際は力を入れすぎないように注意し、みがき残しのないよう丁寧に。毎日忘れずにケアしてあげてください。

ページTOPへ