MENU

義歯(入れ歯)

トップ  >  義歯(入れ歯)

入れ歯が痛い・合わない~入れ歯(義歯)~

失った歯を放置することには、さまざまなリスクが伴います。歯を失ったら、きちんとそこを補うことが大切。川越市の「みやざわ歯科」では、保険中心で良心的な価格の義歯(入れ歯)治療をご提案しています。当院の義歯(入れ歯)治療詳細は、こちらのページをご覧ください。

ぴったりフィットする義歯をお作りします

歯を失ったまま放置するリスク

歯を失ったまま放置していると、そもそも「咬みにくい」という問題があります。しかし、実はリスクはそれだけではありません。1本くらい……と侮っていると、以下のようなさまざまなトラブルを招いてしまうことがあります。

  • 上手く咬めないため、消化器官に負担がかかる
  • 食事が楽しめなくなる
  • 見た目が良くない
  • 隣の歯が倒れ込んだり、咬み合う歯が伸びてきたりする
  • 咬み合わせのバランスが崩れ、全身のバランスにも悪影響を与える
  • 歯がなくなった部分に汚れが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まる
保険適用治療で快適に~みやざわ歯科の入れ歯治療について~

保険適用治療で快適に

当院では、保険中心の入れ歯治療をご提案しています。義歯治療を希望される多くの患者さんが気にされるのは、やはり費用のこと。私たちはご予算面も含めて、患者さんにとって最良の治療を提供したいと考えています。

保険適用の範囲内でも、丁寧に作ることで快適に咬める入れ歯を作ることは可能です。何よりも大切なのは、その入れ歯が患者さんご自身に合っているかどうかということ。当院では、ご要望やライフスタイルなどを丁寧にお聞きして、患者さん一人ひとりに合った入れ歯をお作りしています。

保険適用治療で快適に

治療ではかならず個人専用のマウストレーを作成し、ぴったりとフィットする入れ歯を作成。「痛い」「すぐに外れる」「咬めない」といった問題が起きないように、一つひとつ丁寧に仕上げます。

当院の取り扱い入れ歯

レジン床義歯(保険適応義歯)

レジン床義歯(保険適応義歯)

保険適用の入れ歯には素材の制限があるため、自費診療のものと比較すると見劣りする部分があることは否めません。しかし、「保険適用の入れ歯は使い心地が悪い」とは限りません。患者さんに合わせて丁寧にお作りすることで、使用感などの問題はある程度解消することが可能です。 保険適用入れ歯であっても、しっかりと噛める入れ歯をお作りします。

ノンクラスプデンチャー(Kプラス・エステショット)/自費診療

>ノンクラスプデンチャー

高い弾力性を持つ素材を使った、バネを使用しない入れ歯です。素材に弾力性があるためお口にしっかりフィットし、バネがないため見た目も目立ちません。

費用:85,000円~

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

入れ歯の裏面部分にシリコン製のクッションが付いた入れ歯です。咬むときの圧力をシリコンのクッションが吸収してくれるため、快適にしっかりと咬むことができます。また、バネを使用していないため見た目も目立ちません。

ページTOPへ